火の龍、水の龍~伊豆山神社続編~

837段!

 

ところで、『伊豆山神社』は、海辺から837段の階段を上ったところにあるんですな。「走り湯」のそばから階段が続いてます。

でも、だいたいの方は、バス停のところから上って行くんでしょね。ここからだと、189段上るだけ、となります。

それか、一気に境内横の駐車場まで車で上る・・・。(猫田家は、このパターンです。)

 

キョンキョン鳥居

 

 

ところで、境内横駐車場への入口に、赤い鳥居が建っているんですが、これ、小泉今日子さんが奉納された鳥居なんですね。

地元では、「キョンキョン鳥居」と呼ばれているそうな。

 

 

 

小泉今日子さん、最近またドラマなどで活躍されてますが、神様のバックアップもあるんでしょうか。

 

 

 

 

赤白二龍

 

『伊豆山神社』のモチーフには、赤白の二龍が必ず登場します。

『伊豆山大神は、霊湯「走り湯」を掌る温泉の守護神にして強運・天下取りの神であります。

また正しいご縁に導き下さり、一切の災からまぬがれ福徳が得られるというご利益があります。

走湯山縁起によれば、

伊豆山の地下に赤白二龍交和して臥す。その尾を箱根の芦ノ湖に付け、その頭は伊豆山の地底にあり、温泉の湧く所はこの龍の両眼二耳鼻穴口中なり

とあります。

赤龍は火、白龍は水の力を掌り、二龍の力を合わせて温泉を生み出すという最強の守護神であります。』

(伊豆山神社HPより)

 

手水舎も、赤白二龍。

恐れ多くも狸子が、「龍、かわいい!」と。

たしかに、かわいい・・・。

 

 

お参り

 

 

境内は、台湾緋桜は咲き始めて、他にもうっすら白く開花を待つ木々が、「もうすぐ春」でした。

御社殿の裏の方のこんもりした山からは、ご神気が漂ってきてます。

飲み物の自販機とベンチも完備されてるので、ついのんびりしてしまいます。

 

 

境内からは、相模湾が見渡せます。

とても、良い気分。

 

 

 

ちゃんと、お参りもしましたよ。

 

 

 

 

次は、御守りとトイレ情報です。(続く・・・・・。)

 

 

2 件のコメント

  • いつも楽しみに拝見させていただいております!
    東国三社参りのブログを発見、ここにたどり着きました。
    東国三社参りは、三社のどこを最後にお参りするかで、いただけるお札が違います。
    一般的な巡り方ですと、①鹿島神宮⇒息栖神社⇒香取神宮となりますが、最後に巡る神社・神宮によって、香取神宮と息栖神社は布地のお札、鹿島神宮を最後に巡ると、木札三社巡りの証としていただけます。知らいな方が結構いるんですよ、お参りの楽しみの一つとしてくださいね!

    • s.masakiさま
      コメントありがとうございました。
      東国三社参りの巡り方・最後にお参りする神社で、頂けるお札が違うんですね!
      次は、鹿島神宮を最後にする巡り方で東国三社参りに行ってみます。
      結構、知ってるようで知らないことが沢山あるものですね。教えて頂けて、うれしいです。
      情報をありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です