折り鶴で祈願~所澤神明社続々編~

摂社 鳥船神社

 

『所澤神明社』境内摂社のひとつ『鳥船神社』(別称『所澤航空神社』)。

[御祭神]

鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)

=天鳥船神(あめのとりふねのかみ)

 

[御由緒]

鳥之石楠船神は伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)の御子神であり、天鳥船神とも呼ばれています。

天鳥船神は船のお姿をしており、邇芸速日命(にぎはやひのみこと)が天から豊葦原中国(とよあしはらなかつくに)に降る際に御乗船になったといわれています。

この伝承によって、近代以降、「航空の神」として崇敬されるようになりました。

この『鳥船神社』は、所沢にて徳川好敏大尉が、日本初動力飛行を成功させた明治44年から数えて100年を迎えたことを記念して、平成23年10月に創建されました。(参拝のしおりより)

折り鶴に願い事

 

で、こちら『鳥船神社』では、絵馬ではなく、折り鶴に願い事を書いて奉納するんです。

鶴を折れない人は、色紙をそのまま入れる箱もありますので安心。

 

 

 

 

☆祈願鶴のお作法☆

1.箱に入っている色紙を頂きます。

2.紙の紐がついてない面にお願いごとを書きます。

ボールペン完備されてます。

3.紐がついてる所が、鶴の背中になるので、そうなるように鶴を折ります。

4.できあがった鶴を掛け所(『鳥船神社』裏)に掛けます。

※鶴を折れない人は、この箱のなかにある小箱に納められるようになっています。

我が家の狸男と狸子は、折れなくてこの小箱に納めました。

5.折り鶴が、願い事を神様の国へ届けてくれます。

 

 

御朱印に飛行機

 

 

『所澤神明社』の社務所で、『鳥船神社』の御朱印も頂けます。

飛行機のデザインが押されて、カッコいいですね。

 

 

 

 

 

こちらは、『所澤神明社』御朱印。

「神明社」の字がステキ。

 

 

 

 

直日の御砂

 

さて、授与所で目を惹いているのは「直日の御砂」。

御守り袋の中に御神砂がはいっているので、そのまま置いたり吊り下げられます。

『御本殿に納め、大神様のお力を戴いた御砂です。

直日…(ものごとを清浄な状態に戻す力)玄関・トイレ・寝室・病室・車内などに置いて下さい。』と、あります。

 

トイレありますよ~。

 

参拝者用トイレはこちら。

手水舎側にあります。

なかは、女性用(洋式)・男性小用にわかれてます。

比較的新しそうなので、安心してご利用下さいませ。

(繰り返しますが、下広場トイレは、女性向きではありません。。。)

 

猫田おススメ度

 

『所澤神明社』☆☆☆☆☆(5/5満点)

とても感じの良い神社でした。

また、『所澤神明社』のHPがとても楽しくできてるので、満点つけちゃいました。

「バーチャル絵馬奉納」と「バーチャルおみくじ」ができるんです。是非、お試しあれ。

所澤神明社公式HP

後日談・未確認飛行物体発見

 

『所澤神明社』を参拝してから三日後、夕空が綺麗だったんで、西の空を眺めたら・・・。

なんと!富士山の横に光る物体を発見。(田舎に住んでるので、家から富士山が見えるんですわ。)

飛行機かヘリコプターにしては動かないし、星にしては位置が変だし、形は横長だし。。。

見てると、光りがゆっくり点滅。「写真撮んなきゃ!」と、スマホを取りに行った数秒だけ目を離した隙に、移動したらしく、少し北に位置が変わってました。

狸子と狸吉も一緒に見たので、間違いない。ネット上に、他の人からの目撃情報もあります。

「あれは、絶対UFOです。」(写真では、小さい白いシミにしか見えませんが、本物はもっと光ってるのです。)

生まれて50年とちょっと、UFOを初めて見ました。

多分、いやきっと、あれは「天鳥船神」様だったのだと思っています。

「信じるか、信じないかは・・・あなた次第!」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です