外伝:猫田一族、米沢へ行く~上杉神社続編~

「越後の龍」「毘沙門天」

 

『上杉神社』は、米沢市街のとてもわかりやすい場所にあります。

「松が岬公園」(米沢城址)のなかにあるので、参拝後は公園内を見て回るのも楽しそうです。

猫田は、車利用だったので、公園前の大きい駐車場が便利でした。(無料)

駐車場から橋を渡っていけば、すぐに『上杉神社』の鳥居があります。

写真は、その橋の上。「龍」と「毘」の旗が印象的です。

上杉謙信が戦いに際して「龍」の文字の旗印(懸かり乱れ龍)を使っていたので、謙信は、「越後の龍」とも呼ばれました。

また、自分は毘沙門天の生まれ変わりだと信じていて、「毘の一字旗」も用いていました。

ちなみに、「龍」の旗は総攻撃の合図に使われた旗だそうです。

さらに「越後の虎」

 

手水舎には、「虎」が水を吐いていました。

さすが『上杉神社』。

ここに「虎」がいるとは・・・・。

何故「虎」なのか。

「越後の虎」とも呼ばれた上杉謙信は、本名の「長尾影虎」、後「上杉輝虎」によります。
「謙信」は、出家後の号です。

 

お参り

 

 

門をくぐり拝殿へ。

 

 

 

 

 

米沢城本丸跡の上に建てられているので、心なしか重厚な雰囲気が漂っています。

境内に上杉氏ゆかりの文化財を多数収蔵する「稽照殿」があります。

 

上杉謙信

 

上杉謙信公の銅像。

 

 

 

 

 

 

上杉鷹山

 

こちらは、上杉鷹山公。

上杉鷹山(ようざん)は、江戸時代中期の大名。出羽国米沢藩9代藩主です。

領地返上寸前の米沢藩再生のきっかけを作り、江戸時代屈指の名君として知られています。

 

 

 

なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人の なさぬなりけり

 

 

鷹山を知らなくとも、この言葉は知っているという人は多いでしょう。

米沢藩主の鷹山が家臣に教訓として詠み与えたといいます。

それより以前に武田信玄が詠んだ

「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」

を変えたものといわれています。

 

苔のきれいな緑にお言葉が映えてます。

トイレ

 

境内出たところに「観光案内所」があり、そこにトイレも完備。

駐車場にもおおきなトイレがあります。

キレイに整備された公園なので、トイレは安心して利用できそうでした。

 

 

 

 

猫田おススメ度

 

『上杉神社』、「松が岬公園」(米沢城址)と合わせて総合評価☆☆☆☆☆(5/5満点)

雨がひどく、時間もなかったので、他を見学したりできず残念でした。

行く際には、ゆっくり公園内を見て回るのが良さそうです。

歴史好きな人なら一日中楽しめるところだと思いました。

 

おまけ

 

「西吾妻スカイバレー」にある「不動滝」です。ちょうど紅葉が始まった頃でした。

この「西吾妻スカイバレー」を行くと「最上川の源流」もあるそうです。

(この滝は、源流ではありません。)

この道路は、昔戦国時代、山形県米沢と会津の合戦で、徒歩や馬で越えていた道路だそうです。

 

 

「小さい秋ならぬ、大きい秋みつけた」猫田でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です