猫田のひとりごと・「ご利益って・・・。」の巻

新シリーズ「猫田のひとりごと」

 

新シリーズ!

「猫田のひとりごと」では、神社仏閣巡りをしていて気づいたことなど、勝手なことをのたまうコーナーです。

テキトーに、読み流して下されば幸いです。

「ご利益って・・・」

 

九頭龍神社 新宮

猫田一家が、神社仏閣に参拝するようになったのは、ちょうど2年前のことでした。

(最初に頂いた御朱印が『鹿島神宮』、平成26年10月25日の日付ですから。)

その頃は、まだそんなに神社とか神様のことは知らなくて、ドライブがてら参拝に行くという感じでした。

 

我が家のひとり娘の狸子は、自閉症であり、不登校5年目という猛者。

狸子は、小さい子供が苦手で、テーマパーク・遊園地・動物園などのファミリー向けのスポットが大嫌い。

でも、車での遠出は大好きなので、ドライブの行き先として、子供が少なくて静かな神社仏閣となったわけです。

夫の狸男は、スピリチュアルなことが大好物だし、私も神社は好きなので、月に2~3回程度の「お参りドライブ」が恒例となりました。

そんな軽いきっかけでしたが、生来凝り性の私は、「神社検定」を受けるほどにはまっていったんですね。

そこで、最近ツラツラと思うのが「ご利益」の捉え方でして。

九頭龍神社 水中鳥居

まず、娘は障害があり不登校で、更に2年半前頃に重度の「脊柱側彎症」が発覚し、整形外科医からは「即手術」言われています。(大手術になるので、娘には精神的に無理な為、現在手術は受けず、整体通院でなんとか悪化を防いでいる状態です。)

そして、実母は「緑内障」による視覚障害。実父・実兄は早逝。

更に、義母が「認知症」になりかけているし、狸男は会社起こしたばかりで、まだまだ経営は大変で・・・。

義父は、「脊柱管狭窄症」の手術がすみ、通院してるところ。

介護など頼める親族は近くにおらず、いろんな役目は、比較的元気な私にやってきます。はい。

なんだか、霊感商法の格好の餌食となりそなプロフィールをひっさげてます。

神様にすがろうとか思ったわけでなく、お参りしても「狸子の病気が治りますように」とか、「狸子が学校に行かれますように」とか、「狸男の会社が儲かりますように」とかのお願いはしないことにしています。

だって、神様は魔法使いじゃありませんから。(キッパリ)

でも、神社の神様は、私にそれらの障壁に立ち向かう「精神力」「努力する勇気」を下さる気がするのです。

狸子も、神社で落ち着いてお参りできるようになり、風邪気味の時などは、自分で「病気平癒」の御守りを選び、「買ってくれ」と言えるようになりました。これ、かなり凄い進歩なんです。

狸子の障害や親の病気、夫の仕事のこと・・・、全て「神様からの贈り物」と、今は思えます。(てか、何かの修行かと思える時もありますが)

毎日頑張って、時々神社でお参りをして、パワーアップしてまた頑張れる・・・。そんな日々を淡々と繰り返していかれる、ってことが「ご利益」なのかなと思うのです。

時々、くじけそうになるけど、すぐに立ち直れるのは、性格だけじゃなくて神様のおかげもある、と最近気づきました。

御岩神社 神橋

もともと、神社という場所は、「地磁気」「地電流」のようなものが強い場という説があって、そんな土地を「イヤシロチ」とも呼ぶらしいです。

古代、人間は現代の人間よりも感覚に優れ、そういった場所を感じ取ることができたんだとか。

そのような、特別な土地に神様を祀り、神聖な場所としてきたんですね。

由緒が古く、格式が高い神社やお寺などは、必ずと言っていいくらい、その「イヤシロチ」にあるそうです。

で、そのような特別な場所に行って、しばし滞在すれば、良い「気」のパワーで心身が整うのではないか、と考えます。

神様は、参拝者それぞれに、本来のエネルギーを取り戻す手助けをして下さってる、と。

病気に立ち向かったり、仕事頑張ってお金儲けするのは、「個々の努力」に他なりません。

でも、疲れたら、日本には神社の神様がおられるのですね。

それも、日本中に神社はあって、いつでもお参りに行かれるんです。会員制とかでもなく、お参りに行けば、どんな人でも受け入れてくれます。

日本の神様、なんて度量が大きいのだ!

・・・・なんて、ちょっとだけシリアスなこと考えてたりします。

それでは、また素敵な神社に出会えますように!

ここまで読んで下さって、ありがとうございました。(ペコリ)

くーちゃん 寝顔

 

我が家の「癒しの神様」です。→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です