いのちの池~師岡熊野神社続編~

清々しい空気が詰まってます。

 

ここ、師岡熊野神社には、現在2つの池があります。

「い」の池と「の」の池。

昔は、「ち」の池もあって、

3つで「いのち」の池となっていたとか。

「ち」の池は、残念ながら、

埋められ、今は公園になっています。

「い」の池は、雨乞いの霊験あらたかで、

弁天様が祀られています。

師岡熊野神社 のの池

「の」の池は、社殿の裏手にあって、

このように、綺麗に囲われています。

この池の水は、古来、涸れることなく、

この神社で1000年以上続いている

『筒粥神事』に使われているそうです。

 

師岡熊野神社で、最強のパワースポットでもあるそうです。

確かに、近くにいると、心身が「ピキーン!」て感じに

浄化される気分になりました。

裏山の森からも、清々しい空気が流れてきてます。

「の」の池の横手に、『神明社』があります。

「皇祖天照皇大神」が祀られています。

何かと「天照大御神」様にお世話になっているので、

丁寧にお参り。

 

師岡熊野神社 手水舎

最近、「平成の大修造」とかで、

社殿、社務所など綺麗になって、

手水舎も、ピッカピカで気持ち良いです。

この手水舎、お気に入りの場所です。

横にベンチが置いてあったりするのを見ると、

境内でも、ナイス!なポジションのようで、

眺望もよく、一休みするのに、最適ですよ。

 

予想外のトイレット

 

師岡熊野神社 トイレ

っと、お題を忘れるところでした。

「トイレのお話」を再開。

師岡熊野神社のトイレ情報。

境内の隅っこの、ちっさい階段を

下りると、こんな外観のお手洗い。

男女別になってないですね。。。

雰囲気からいって、なんかイベントの簡易トイレ?

を連想してしまい、期待感うっす~!

(この時点で、バチあたりですよね。反省してます。)

しか~し!

中にはいって予想外の展開に衝撃を受けたのでした。

(大げさですかね。)

師岡熊野神社 トイレちょ、ちょっと、見てよ。奥さん!

ウォシュレットなのよ!

手すりもついちゃって、お年寄りにも優しいし。

あの外観で、この中身は・・・

良い意味で、期待を裏切られたというか。

 

が、しかし、

「あらさがしのA型」である私シルキー猫田は、

このトイレの弱点を発見したのです。

「石けん」がない。

キレイキレイとか、

冷凍みかんのネットに入ったレモン石けんとかでいいから

石けん置いといてほしいのね。もじもじ。

いつも「紙せっけん」を持ち歩いてる私は大丈夫だけど、

みんな、そんなもん持ってないから、

お手々汚れたら、石けんでキレイキレイでしょ・・・。(小声)

あと昇殿でご祈祷を申し込むと、

新しくてきれいな待合室で待つことになるんだけど、

そこのトイレが、素晴らしいのですよ。

あの蓋が自動でオープンする新型なのですよ。

車のお祓いで、待ってる時に、そこ入って仰天したわよ。

トイレ入って、トイレ蓋が「すぅ~。」と開いた時は、

「まさか、神様が開けて下さった?」

一瞬、脳内超常現象。

気を取り直して、

「んなわけない。」TOTOさまの技術力なのでした。

 

最後に、猫田家評価

シルキー評価★★★★(4つ)

★1つたりないのは、トイレの「石けん」。(こだわる)

狸男&狸子評価★★★(3つ)

長距離ドライブ派のこの2人には、家から近過ぎるらしい。

 

それでは、色々発見のあった『師岡熊野神社』

感想「男性の皆さん。トイレ便座と蓋は閉めましょうね!」

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です