龍神様~!~秩父今宮神社(八大龍王宮)編~

龍神様ブーム到来?!

 

神社・神様関係をネットで色々調べてたら、『秩父今宮神社』または『八大龍王宮』というとこを発見。

最近、やたら「龍神」様というワードに遭遇しているので、

「龍神様に参拝に行きなさい!」

という神様の指令なんではないかと、勝手に解釈したのでした。

秩父は、山が好きな猫田のお気に入りの土地、早速行ってきましたよ。

秩父今宮神社(八大龍王宮)

 

[所在地]

埼玉県秩父市中町16-10

[電車利用]

西武鉄道「西武秩父駅」~徒歩約13分

秩父鉄道「お花畑駅」~徒歩約7分

[車利用]

参拝者用無料駐車場あり

[御祭神]

八大龍王神

宮中八神(大宮売神・高御産霊神・神御産霊神・生産霊神・足産霊神・事代主神・御食津神・魂積産霊神)

伊邪那岐大神

伊邪那美大神

弁財天

須佐之男命

聖観音神

役尊神(役小角=役行者=神変大菩薩)

八幡神

大国主命

厳島姫

稚霊日神

栲幡千々姫

菅原道真公

[御由緒]

古来より霊泉の地として伊邪那岐大神・伊邪那美大神が祀られていたところで、そこへ大宝年間(701 – 704)に、役小角が神仏混淆の考えに基づいて八大龍王を祀る『八大宮』を建立したとされる。

さらに天長2年(825)に当所を訪れた弘法大師が大日如来を宮中八神と結びつけたことにより仏教寺院としての性格を強め、『大宮山満光寺』『長岳山正覚院金剛寺』と呼ばれていた時代もある。

天文4年(1535)、流行する疫病への対策として京都の今宮神社から須佐之男命を勧請して今宮神社を創建、永禄13年には全体を『長岳山今宮坊』と称するようになった。

明治時代に入り神仏判然令に従って仏教寺院として「今宮観音堂」を切り離し、今宮神社となった。(Wikipedia)

[御神徳]

「健康増進」「ぼけ封じ」「癌封じ」「安産祈願」「商売繁盛」「産業興隆」「厄除」「開運招福」「家内安全」「縁結び」「学業向上」「合格祈願」

「水乞祈願」(霊水を受けたい人におすすめ)

 

次回、境内の様子です。続く。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です