近くにあるぞ!パワースポット。~師岡熊野神社編~

師岡熊野神社が凄い。

『さしながら 人の心を 見熊野の 浦の浜木綿 幾重重なるらん』(平 兼盛)

ある日、ネットニュースなぞを眺めていたら、

「島田秀平さんお薦めの、パワースポット。」

「師岡熊野神社が、凄い。」

を発見。

え?けっこう近所じゃん。

氏神様では、ありませんが、かなり近くです。

が、お参りに行ったことは無かったのでした。

 

師岡熊野神社

 

師岡熊野神社 本殿 [所在地]

神奈川県横浜市港北区師岡町1137

[電車利用]

東急東横線「大倉山駅」より徒歩10分くらい

 

[御祭神]

・伊邪那美尊(いざなみのみこと)

・事解之男命(ことさかのおのみこと)

・速玉之男命(はやたまのおのみこと)

[御由緒]

聖武天皇神亀元甲子年(西暦724年)、全寿仙人により開かれました。

和歌山県熊野三社の御祭神と御一体です。

仁和元年に、光孝天皇の勅使が下向され、

師岡熊野神社 勅額

『関東随一大霊験所熊埜宮』の勅額を賜りました。

以降、宇多、醍醐、朱雀、村上天皇の勅願所となりました。

隣接する『法華寺』は別当でしたが、

明治元年の神仏分離により、熊野神社と法華寺とに二分されました。

 

 

 

御社紋は「三つ足烏」

 

熊野大神のお使い『八咫烏』のことですね。

初代神武天皇が、熊野山中で迷われた際に使わされ、

天皇をお導きになったのでした。

三つ足烏は、サッカー日本代表のエンブレムにもなっていて、

この神社では、『サッカー御守』が頒布されています。

もちろん、ご利益はサッカーだけではなく、

恋愛運、勝運、健康運など、なんでもあります。

特に、胃の病には秘伝の御祈祷があるそうです。

 

「凶」を引きたい人続出の理由

 

神社参拝の楽しみのひとつ、「おみくじ」。

師岡熊野神社では、「凶」を引いたら、

社務所に申し出ると、

引き換えに特製のお守りを頂けます。

30人に1人くらいの確率とか。

希少価値なため、「凶」を狙っておみくじを

引く人も多いみたいです。

猫田家は、まだ「凶」引いていません。

師岡熊野神社 石段

この神社、お正月に、特別なおみくじやってるんですよ。

「夢みくじ」(?)とかいう。

おみくじを引いて、「大吉」が出た人が

「夢みくじ」に挑戦できるそうです。

福引のようなものみたいで、

賞品は、近くにあるショッピングセンターの金券とか、

お米とかだったと思います。

商店街の福引に似ていますね。

毎年、元旦に始まり、数量限定のおみくじなので、

あっという間に、完売となるようですよ。

昨年の正月3日くらいにお参り行って、

なんと!くじ運最悪な私が、生まれて初めて

「大吉」ひいたのです。

「夢みくじ。夢みくじ。」

期待に満ちた目線の先には

「夢みくじ完売により終了いたしました。」のお知らせが。

・・・・・・・・・・・・・運が良いのか悪いのか。

狸男に、爆笑されて、

むかついてしまいました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です