羽田のお稲荷さま~穴守稲荷神社編~

都内の強力パワースポット

 

『ねがいごと かならずかなう 穴守の いなりの神よ いかに導き』(参拝のしおりより)

「あ~、もうゴールデンウイークなのですね・・・。」などと、ぼんやりしてたら、狸子からお出かけの催促が激しくなりまして。

仕方ないので、どっかへドライブ行きまひょか。

と、ここで「猫田家の連休中の掟」おさらい。

一、第三京浜以外の高速道路を利用しないこと。

一、人出の多い場所へは行かないこと。

今回は、首都高速はOKとし、羽田『穴守稲荷神社』へGO!

 

穴守稲荷神社

 

[所在地]

東京都大田区羽田5-2-7

[電車利用]

京浜急行空港線「穴守稲荷」駅~徒歩3分

[車利用]

首都高速1号線「羽田」ランプよりすぐ。無料駐車場あり。

 

 

[御祭神]

豊受姫命

[御由緒]

文化元年頃(1804年頃)、鈴木新田(現在の羽田空港内)開墾の際、激しい浪のために、しばしば被害にあった。

ある時、堤防の腹部に大きな穴があき、海水が侵入してしまった。

村人たちは、相談の上、堤防の上に稲荷大神を祀った。

これが、『穴守稲荷神社』の創建である。

それ以来、御神徳により風浪の害なく五穀豊穣す。

昭和の終戦後、米軍による羽田空港拡張のため、従来の鎮座地より強制退去を命ぜられ、現在地へ遷座となった。

[御神徳]

「商売繁盛」「家内安全」「心願成就」「病気平癒」「交通安全」「厄除」「開運」

特に、「奥之宮」で頂ける「御神砂」は、霊験あらたかだそうです。

「奥之宮」への鳥居。

プチ・京都『伏見稲荷』といった感じで、吸い込まれそうです。

(続く・・・・・。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です