神秘的な奥宮~日光東照宮続々編~

眠り猫~奥宮へ

 

 

「陽明門」を抜けると、正面に国宝「唐門」。

全体が白く塗られ、様々な彫刻が施されています。

 

 

 

 

お次は・・・?

「拝殿」コースは、人がごったがえしてたんで、まず国宝「眠り猫」方面へ。

思ってたより小さな猫でした。

 

左甚五郎作。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから、「日光」にちなんで彫られたとも言われています。

この先から「奥宮」へ進むのです。

「奥宮」へは、けっこう険しい石段を上っていかねばなりません。

この「奥宮」への参道が、東照宮の境内でもパワーの強い場所のひとつらしいです。

 

 

やっと「奥宮」へ到着。

拝殿でお参りしたら、順路に従い、家康公の墓所をぐるっとまわります。

「奥宮」は重要文化財です。

 

 

 

この「奥宮」家康公墓所、なんとも言えない空気感。

なんか凄いパワーというか、エネルギーというか、強烈な何かが漂っている感じでした。

都市伝説的にも、「かごめかごめ」やら「徳川埋蔵金」の謎がいっぱいな場所。

この墓所の脇に「叶杉」があり、しめ縄がはってあるくぼみに願い事をすると叶うと。

 

「奥宮」拝殿前に、ちょっとした休憩所があるのですが、そこにある水を頂いて飲めば、更に御利益あるそうです。

拝殿見学

 

「奥宮」から石段を下り、「眠り猫」まで戻ります。

次は、「御本社」拝殿内を見学です。写真撮影禁止のため、写真ありません。

もちろん、国宝。

天井には、龍。周囲の壁上部には三十六歌仙。

扉や壁には花などの透かし彫りやらなんやら、美しい装飾に見とれてしまいました。

まだ改修工事中の部分もあるようで、周囲はまだ足場が組まれてましたね。

「鳴龍」は、混雑していたので、今回はパスしました。

三猿

 

「神厩舎」まで戻ります。

そこには、「三猿」の彫刻。重要文化財。

「神厩舎」は御神馬をつなぐ厩です。猿が馬を守るとされていることから、猿の彫刻が施されており、人間の一生が風刺されています。見ざる・聞かざる・言わざるの「三猿」の彫刻が有名ですね。

 

陽明門前の階段下は・・・

 

 

ところで、「御水舎」前から「陽明門」に向かう鳥居周辺は、東照宮のなかでも特にパワーが強い場所らしいです。

 

 

 

それでは、次回『日光東照宮』最終編へ続きます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です