神社まめ知識・参拝のお作法・ご利益編

参拝のお作法って?

 

さて、またまた懲りずに、「神社まめ知識」コーナー。

今回は、拝殿でのお作法についてです。

2拝2拍手1拝

 

御岩神社 拝殿2

お賽銭を入れて、鈴を鳴らしたら、

① 90度の拝礼を2回。(2拝)

② 両手を胸の高さに合わせて、右手を少し下にずらし、

2回手を打ちます。(2拍手)

③ 胸の高さで、両手を合わせて、祈ります。

④ 手を下ろし、最初と同じように、90度頭を下げます。(1拝)

お願いごとをするのは2拍手の後が良いです。(③のとこ)

もし、後ろでお参りを待っている人がいたら、

短めに念を込めるくらいが良いでしょう。

神道は、思いやりの宗教でもあり、

混雑時に、ずっと神前をひとり占めしてしまうのは、

いかがかと。

お願いごとをする前に、自分の住所や名前をお伝えしないと、

神様にわかってもらえないという話もありますが、

そういう決まりはないそうです。

この「2拝2拍手1拝」の作法は、一般化されたのは、

実は明治時代からなのです。

それまでは、「2拍手2拝」「2拍手1拝」や、

「拍手禁止」など様々だったそうです。

また、現在でも、伝統的な作法を行っている神社もあり、

伊勢『神宮』の神職が行う「8度拝8開手」、

『出雲大社』の「2拝4拍手1拝」などがあります。

 

ご利益って?

 

師岡熊野神社 本殿

受験の合格祈願は天神様、安産祈願は水天宮、

金運アップには弁天様などなど、

神社によってご利益は色々ですね。

神様によって、得意分野があるということでしょう。

 

「現世利益」という言葉があり、

死後の救済ではなく、生きているうちに

神様の恵みを頂くことという意味です。

お金持ちになりたいとか、良い人と結婚したいとか、

神様は、そんな願いもおおらかに受け入れて下さいます。

神道では、「今」が大切であると考えられています。

神社では、稲が健やかに育ち、作物が虫に荒らされず、

疫病が流行らないようになどと、様々なお祭りのなかで

祈っています。

すべて、「今」を生きる人々が平安に暮らすためなのです。

ご利益欲しさに、お参りしてはいけないわけでは、ないのですね。

さあ!神社へ、レッツ・ゴー!

 

北口浅間神社 鳥居

ご利益には、色々ありますが、すべての神社に共通しているのは、

「神社にお参りに行くだけで、『厄落とし』になる。」ということ。

災厄は、厄年だけに降りかかるものではありません。

災厄を遠ざけ、平安に暮らせることが、

現世で受けられる最大のご利益なのでは?

 

布団のくーちゃん

「果報は寝て待つのにゃzzz」(狸吉)

 

 

 

 

 

※文中の写真はイメージです。

※※参考文献「神社のおしえ」神田明神編著

「神社のいろは」(神社検定公式テキスト)神社本庁監修

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です