猫田のひとりごと・「9月の寒川神社」の巻

台風と「八福餅」

 

今日は9月17日(日)、3連休だってのに、台風18号が来てます。

最近、天気が不安定だった上に台風、私こと猫田は持病の喘息が悪化したんで、家で休養することにしました。

昨日の連休初日、まだ台風は遠く、時折小雨が降るぐらいだったんで、元気な狸男&狸子の二人は『寒川神社』へ参拝に出かけていきました。

で、お土産に期間限定「八福餅」芋バージョンを買ってきてくれまして。

 

普通の「八福餅」は、まわりがこしあんなのですが、これは「安納芋」(黄色)と「紫芋」(紫)でできた餡でできてます。

結構うす味で、おいしゅうございました。

この芋バージョンの「八福餅」、今の季節限定です。

 

9月23日(土)は秋分の日

 

『寒川神社』と「春分・秋分の日」といえば・・・。

そう、「レイライン」です。日の出と日の入りを直線で結んだライン。

春分・秋分の日には、千葉・房総沖から昇るお日様は、『玉前神社』~『寒川神社』~『七面山』~『富士山』~『元伊勢』~『出雲大社』を通り、「御来光の光(レイライン)」と呼ばれるのです。

で、秋分の日、『寒川神社』では、この日限定「御来光守」が頒布されるそうです。

数量限定だそうなので、ご注意下さい。初穂料500円也。

詳しくは

「御来光守」のお知らせ

 

当日限定の御守りって、なんだか特別感がありますよね。

猫田は、なかなか数量限定御守りを頂きに行くことができませんが、とても関心はあるのですよ。

『寒川神社』は、お参りに行くととっても清々しい気持ちになる神社、それは「レイライン」のパワーなのでしょうか。

今回は、お留守番でしたが、復活したらまた『寒川神社』へ参拝行こうっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です