枯れない湧き水~目黒不動尊続編~

申・未年の守り本尊

 

目黒不動尊 大日如来

と、本堂の真裏には、大きな「大日如来」様。

申年・未年生まれの守り本尊です。

猫田家は、狸男と狸子が申生まれなので、

もちろん、しっかりお参りしましたよ。

こちらの大日如来様、頭の部分がやや大きい

大仏像と同様の造りなので、

下から見上げても、お顔がよく見えるようになってます。

 

で、十二支には、それぞれに守り本尊があります。

*子年・・・・・千手観音

*丑・寅年・・・虚空蔵菩薩

*卯年・・・・・文殊菩薩

*辰・巳年・・・普賢菩薩

*午年・・・・・勢至菩薩

*未・申年・・・大日如来

*酉年・・・・・不動明王

*戌・亥年・・・阿弥陀如来

ちなみに、本堂裏の裏山からは、縄文時代の遺跡が発掘されているんですって。

太古の昔から、神聖な場所だったんですね。

 

縁結びのご利益はこちら

 

目黒不動尊 愛染明王

さて、本堂前に戻りましょうか、

左手奥に、なんやら仏様が。

「愛染明王」様です。

縁結びのご利益があるということで、

絵馬を奉納すると良いらしいです。

 

お参りの方法の説明もあります。

絵馬を両手にはさんで、お祈りし、

女性は左の絵馬掛けに、男性は右の絵馬掛けに

絵馬を奉納しましょう。と、あります。

左右、絵馬掛けには、同じくらいの数の絵馬が奉納されています。

男女同じくらいの数の、参拝者があるということですかね。

微笑む観音様

 

目黒不動尊 微笑み観音

「愛染明王」様の並びには、「微笑観音像」もあります。

あ~、なんだか、ほっとしますね。

「不動明王」様の厳しいお姿に、ちょっとビビッていた小心者の私は、

観音様の微笑みに救われたような気がします。

悟り切った如来・仏様に対して、

観音様は、悟りを求めて、修行の途中の存在であって、

仏様と、我々凡人の間に立ち、導いて下さる存在なんですね。

親しみやすい感じがするのも、納得です。

湧き水は、そのまま飲めませんよ

 

境内には、あちこちに湧き水が出ている箇所があります。

目黒不動尊 独鈷の瀧 龍

「獨鈷の瀧」も湧き水ですが、

こんななってたりします。

ちょっと可愛い龍です。

この湧き水、未だ枯れたことないそうですよ。

 

 

 

目黒不動尊 湧き水

こんな風なのが、何か所かあります。

で、必ず

「この湧き水は飲料水ではありません。飲まないで下さい。」

の注意書きがついてます。

手を清め、口をすすぐくらいにしましょうね。

 

 

(次回へと続きます・・・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です