意外にパワフル!~寒川神社編~

四日前、熊本で大地震がありました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、

避難されている方々が、一日でも早く

日常生活を取り戻されることを願います。

日本が、あらゆる災害から復興するため、

日本古来の神様にも助けて頂けますよう、

微力ながらも、神社を巡り、神様の素晴らしさを

ブログで綴っていこうと思います。

 

 相模国一之宮

『花ならぬ なぐさめもなき 山里に 桜はしばし 散らずもあらなむ』

(相模)

今回は、『寒川神社』のお話です。

旧相模国一之宮であり、全国唯一の「八方除」の神様として

信仰されています。

 

寒川神社 基本情報

 

寒川神社 境内正面 [所在地]

神奈川県高座郡寒川町宮山3916

[電車利用]

JR相模線「宮山駅」~徒歩5分

 

 

[車利用]

圏央道「寒川北IC」~15分くらい

無料駐車場あり

[御祭神]

・寒川比古命(さむかわひこのみこと)

・寒川比女命(さむかわひめのみこと)

=二柱の神様を「寒川大明神」とお呼びしています。

寒川神社 神門 [御由緒]

具体的な創建年代は不明ですが、

少なくとも1500年以上前には、関東地方における

著名な神社であった記録があります。

後に、源頼朝、北条義時、武田信玄等の武将、

また徳川家代々の篤い信仰を受けました。

八方除のご利益

 

寒川神社は、関八州の守り神として、

また、江戸の裏鬼門をお護りするお社として、

全国唯一の「方位除・八方除」の守護神として

信仰されています。

地相・家相・方位・日柄・厄年等に由来する、

すべての禍事・災難を取り除き、

家業繁栄・福徳円満な日々をもたらすといわれているのが

「八方除」の信仰です。

いいね!

 

寒川神社 狛犬

神奈川県在住歴が短いので、神奈川県内の神社と聞けば、

「街の中にある」を連想してしまう私、

「なに、近いんでしょ?

なんか、もちょっと山奥とかの神社が良さそうだけど・・・。」

などと、またまたバチあたり発言をしてまったのでした。

『寒川神社』は、決して山奥ではなく、

都会にあるわけでもなく、

でも丹沢の山々、相模川に近くて、

ほどよい郊外にあります。

東名高速から圏央道がつながって、

かなり、行きやすくなったので、

猫田家は、頻繁にお参りに行っています。

はじめ、『寒川神社』に行った頃は、

「ふ~ん。良いとこですね。」

くらいな感想だったのが、何度めかで、

「いいね!ここ!パワフルだよ!!」

と、テンションが変わってきたんですね。

なんだか、だんだん神社との「周波数」が合ってきた感じ

とでも言うんでしょうか。

なんだか、境内の空が、と~っても広く見えて、

境内の広さが、実際よりも、ず~っと大きく見える気がするのです。

それだけで、清々しい気分になれます。

 

(次回へ続きます。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です