御神殿はありません~山宮浅間神社続編~

社務所もありませんが

 

さて、『山宮浅間神社』に到着。

こじんまりした駐車場には、土・日・祝日のみ開いている「案内所」があります。

富士山一帯が文化遺産に登録されたためか、「案内所」や併設されているトイレは、新しいようです。

御神札、御守りや御朱印は、こちらの「案内所」で頂けます。

希望者には、無料でガイドしてもらえるようです。

 

ひそやかなパワースポット

 

 

駐車場横の鳥居をくぐると、燈篭の並ぶ参道。

高い杉が立ち並ぶ境内は、ひっそりとしています。

観光バスで参拝に来ていたグループに遭遇しましたが、その他の参拝者はチラホラ。

御神殿は無く、社務所もないので、本当に自然の「御神域」という雰囲気です。周囲の森から、なんとなくご神気が漂ってきている感じ。

 

 

 

手水舎でお清め。

ちんまりしてます。

 

 

 

 

 

この建物は、「籠屋」といって、現在は拝殿のように使用されています。本来は、宮司が祭時などの夜籠るための建物だったとか。正確なことはわかっておらず、未だ謎だそうです。

こちらで、まず一度参拝。門のようになっているので、参拝したら、通り抜けて富士山遥拝所へ進みます。

 

 

参道の真ん中にある石。

「鉾立石」といいます。

かつて『富士山本宮浅間大社』の春秋の大祭前日、御祭神が山宮を訪れる「山宮御神幸」が行われていました。

御祭神は鉾に宿って山宮へ向かったため、途中休憩する際に鉾を置く「鉾立石」があったのですと。「鉾立石」は道筋にいくつかあったといわれているが、現在は『富士山本宮浅間大社』楼門前に1つ、『山宮浅間神社』参道に2つ残るだけだそうです。

 

続く・・・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です