御守りの完成~叶神社(東・西)最終編~

叶神社(西)

 

西叶神社 石段

一礼、お清めしたら、お参りです。

ここも、海からの風が気持ち良いですね~。

山の風は、あまり感じられませんでした。

背後に、住宅が迫ってるからでしょうか。

こちらも、境内に蘇鉄があり、南国調の趣あり。

またしても、急な石段を上るのですね。

神様は、常に高いところにおられるので、階段を上るのは参拝の必須科目なのです。

階段が高ければ高いほどに、神様との距離が縮まるのです!

と、自分で自分を応援しつつ、神前へ。

西叶神社 本殿

 

おぉ~!神様の光のようなこの輝き!

ちょうどよく、お社に光が溢れて、なんともパワフル。

本殿・向拝の龍の彫刻なぞを撮影したかったのだけど、眩しすぎで上手く撮れませんでした。

狸男「逆光じゃね?」

ええ、ええ、逆光ですとも。

でも、神様パワーもすごいんだってば。

西叶神社 弁天さま

これまた良い神社に来られたわ、とほくほくしながら、裏手に回ります。

社殿右奥に、「弁天」様ありました。

「福寿弁財天」とあります。

こちらも、お参り・・・。

 

 

ん?

境内へ戻ろうとしたら、何やら山へと上る小さい階段を発見しました。

「金刀比羅神社」とあります。

狸子を狸母にお守りしてもらって、ひとり山上へ。

狭くて、急勾配で、石段崩れかけてて、手すりがはずれかけていたけれど、無事てっぺんに到着しました。

紳士淑女の皆さま、お参りの際は、せめてスニーカーを履いて行きましょう。危ないです。

西叶神社 金刀比羅神社

こぢんまりと、「金刀比羅神社」がありました。

こちらは、江戸時代に「航海安全」の為、勧請されたとか。

どうぞ、私たちの人生行路も安全でありますように。

 

 

境内へ戻り、社務所で「勾玉」を頂きました。(500円)

そうです。『叶神社(東)』の御守り袋に入れる「勾玉」です。

メノウ・ヒスイ・水晶の三種類あり、私は水晶にしました。

叶神社 縁結び守り

 

しつこく、同じ写真。

 

 

 

これで、ばっちり「縁結び御守り」が出来上がりましたよ。

西の叶神社では「勾玉」

東の叶神社では「御守り袋」ですよ~!

東西・叶神社おススメ度は?

 

それでは、恒例「猫田家おススメ評価」コーナー。

・『叶神社(東)』★★★★☆(4つ)

「産霊坂」を上っていなかったので、マイナス1つ。

・『叶神社(西)』★★★★☆(4つ)

「叶ラスク」というものを売っているパン屋さんの事を知らなかったので、次回のミッションとして星1つ分宿題にしました。「パン市場浜田分店」というお店らしいです。

後日談

 

ゴールデンウイークの天気の良い一日、『叶神社(東)』『叶神社(西)』『走水神社』の三社を巡りました。

帰り道、かなり身体がだるくて、疲れがMAXな感じ。

ちょっと暑い日だったし、はしゃぎ過ぎたかなぁ。

と思いましたが、後で、どうも「ご神気あたり」ではないかと思い当たりました。

一日で、パワーの強い神社を複数巡ったからでしょう。

体質的に、「ご神気」が強すぎると、少々具合が悪くなることが、タマにありまして・・・。

科学的にも、医学的にも、なんの裏付けもないのですが、温泉に入ると「湯あたり」するような感じですかね。

もちろん、私は温泉で「湯あたり」します。グダグダです。

温泉で「湯あたり」体質の方は、神社まわりすぎによる「ご神気あたり」にご注意下さい。

 

※お詫び

今回、叶神社(東西)でも、「トイレ拝借」できませんでした。

次の参拝時の課題といたします。ご容赦下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です