天狗のお寺~大雄山最乗寺続編~

 不思議なパワースポットがいっぱい

最乗寺 結界門

初めて参拝に行った時、

総合受付で御朱印を頂いた際に、

「こちらにお参りは初めてですか?」

と、御坊さまに聞かれ、そうです。と、答えましたら、

『大雄山最乗寺パワースポットめぐり』なる

境内パワスポ案内図を下さいました。

よっしゃぁ!

お参りをして、パワーを充電していきましょうか。

霊感あるかないかが、わかる石

 

最乗寺 森

ということで、まずは『坐禅石』へ、

その昔、了庵慧明禅師がこの石の上で坐禅をしていた時、

観世音菩薩が表れ、この地にお寺を建てなさい、

と啓示を受けられた場所だそうです。

境内、ちょっと外れた川の近く、

橋渡ったところにあります。

この石に、手をかざすと、

霊感がある人は手のひらが、赤くマダラになるそうです。

私は、ピンク色にマダラになりました。

狸男は、変化なし。「・・・。」

霊感無くても、パワー充電できるそうで。

お試しあれ。

パワースポット密集地帯か?!

 

最乗寺 瑠璃門

そもそも、このお山自体が、

大自然のパワーにあふれ、

霊気に満ち満ちているのですが、

境内はさらに強力なパワースポットが密集しています。

『大雄山最乗寺パワースポットめぐり』によると、

8か所ほど強力パワースポットがあります。

まず、本堂でお参り。

『護国殿』と呼ばれています。

ご本尊の「釈迦牟尼仏」

脇侍仏の「文殊菩薩」「普賢菩薩」が祀られています。

パワー水?

 

本堂から、御真殿へ向かう参道に

『金剛水堂』(井戸)あり。

600年前から、涸れることなく、

水が湧き出しているそうです。

様々な病を癒してくれるそうな。

ヒシャクとコップが備えつけられています。

ありがたいお水でパワーチャージしたら、

お次は、『清心の滝』(清滝)

最乗寺 清滝

「おおお~!滝だ~!!」

滝って、なんかテンション上がります。

マイナスイオンの作用で

活性化するのでしょうか。

滝の上にあるのは『不動堂』。

御岳山より勧請された

「清滝不動明王」「天祐不動明王」「愛染明王」が祀られています。

天狗さまの領域へ

 

『圓通橋』(『御供橋』の両脇の橋。)を渡り

『結界門』をくぐると、心身清浄となり

「道了尊」の聖域に入ります。

※『御供橋』は、白装束の修行僧が道了様へのお供えをする時に使用。

普段は通行できないので、両脇の『圓通橋』を渡ります。

最乗寺 結界門階段

さらに進めば、『御真殿』「道了尊」が祀られています。

1月・5月・9月の28日は、御開帳が行われ、

特にご利益があるとされています。

『大雄山最乗寺パワースポットめぐり』によると、

最大のパワースポットだそうですよ。

『御真殿』横には、たくさんの鉄下駄が奉納されています。

最乗寺 鉄下駄

さあ、いよいよ、この先に試練が待ち受けていますよ。

「ファイト~!いっぱ~つ!!」

次回へ続く・・・・・。

 

【神さまのおうち(House of Japanese God)チャンネル】
チャンネル登録はコチラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です