天狗のお寺~大雄山最乗寺編~

霊気に満ちた山深くに

『わが末の世々に忘るな足柄や 箱根の雪をわけし心は』(後村上天皇)

さあて、今回はお寺のお話ですよ。

最乗寺 本堂

「なに?神社の話じゃないの?」

いやいや、神社とお寺、

神様と仏様。

完全に別なわけではないのです。

明治以前は、神仏習合といって、

神社とお寺は共存していた時代が長かったのです。

明治政府による『神仏判然令』により

神社とお寺は分離されたのです。

現在、神社によっては神仏習合色の残っているところも

ありますよね。

天狗が護り続けるお寺

 

最乗寺 塔

『大雄山最乗寺』情報

所在地:神奈川県南足柄郡大雄町1157

[車利用]

東名高速道路 大井松田ICより20分

 

 

[電車利用]

小田原駅~大雄山駅(大雄山線21分)

大雄山駅からバス30分

『大雄山最乗寺』

大本山永平寺(福井県)

大本山総持寺(神奈川県横浜市)

に次ぐ格の高い、曹洞宗のお寺です。

[ご本尊]

釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)

脇侍仏(わきじぶつ)として、

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)・普賢菩薩(ふげんぼさつ)を奉安。

最乗寺 天狗 [ご由緒]

開山は、「了庵慧明禅師(りょうあんえみょうぜんじ)」によるもの。

ある日、1羽の大鷲が禅師の袈裟をつかんで足柄の山中に飛び、

大松の枝に袈裟を掛ける奇瑞を現じました。(袈裟掛けの松)

その啓示によって、この山中に大寺を建立、大雄山最乗寺と号しました。

應永元年(1394年)3月10日のことでした。

大雄山最乗寺の守護「道了大薩埵(どうりょうだいさった)」は、

修験道満位の行者「相模房道了尊者(さがみぼうどうりょうそんじゃ)」

でもあります。

尊者が、三井寺園城寺勧学の座にあった時、

大雄山開創にあたり、空を飛んで、

了庵禅師のもとに参じました。

土木の業に従事し、約1年でこの大事業を完遂したと。

應永18年3月27日、了庵禅師75歳にてご遷化(亡くなられました)。

道了大薩埵は、

「以降、山中にあって、大雄山を護り、多くの人々を利済する。」

と、天狗に姿を変え、

白狐の背に立ち、天地鳴動して山中に身を隠されました。

以降、「諸願成就の道了大薩埵」と称され、絶大な尊崇を集め、

十一面観世音菩薩の御化身であるとの御信仰を深くしています。

 

天狗さまの気配が感じられる大雄山最乗寺。

猫田家評価★★★★★(満点)おススメです。

次回は、大雄山最乗寺の不思議なパワースポットのお話ですよ~。

 

【神さまのおうち(House of Japanese God)チャンネル】
チャンネル登録はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です