ピシッといきましょう!~三峯神社続編~

絶景!パワー充填!

 

三峯神社 絶景

そんなこんなで、右手に奥宮遥拝所が。

三峯神社の奥宮は、妙法ヶ岳の山頂にあり、

三峯神社から約1時間半のハイキング(登山)で

行かれます。

(行かれるのは山開き5月3日~山閉じ10月9日の間だけですよ~。)

行かれなくても、ここから奥宮に参拝できるのですね。

もちろん、参拝。

もう、絶景!

山々の清浄な気が満ちて、「パワー充電!」できます。

さあ、本殿へと参りましょう!

暗闇の中に、浮かび上がるのは?

 

三峯神社 随身門

と、気が付けば、もう真っ暗け!

11月15日頃だったから、日が暮れるの

早いし。時刻は5時半くらいでしたが。

(以下、暗い写真ばかりになってしまい

ました。)

随身門がライトアップされ、

そこだけ、神々しく光り輝いているよう。

ちょっと急いで、本殿へ、

ん?

真っ暗ななか、参拝の人たちが、

静かに行列を作ってるではないですか。

ご神木に、触って願掛けをするのも行列が。

狸男&シルキー:「ここまで、やって来たんだから、

順番待つしかないね。」

狸子:「怖い~!!」(ほとんど絶叫・・・)

狸男&シルキー:「・・・・(汗)」

「まさか、狸子、キツネついてる?(本気)

お祓いしてもらう?」

「いや、ジュースでも飲ませて落ち着かせよう。」

・・・・という事態で、本殿での参拝は断念。

※狸子は、不安になるとパニックになり、

しまいには、泣き叫んでしまいます。

三峯神社 本殿

「真っ暗な山の神社、怖かったんだね。ごめんよ。

次からは、明るいうちに着くようにするね。」

周囲の迷惑を考えて、予定を中止・変更はいつものことなのです。

神様には、横っちょから、手を合わせて失礼しました。

でも、石畳に浮き出る『龍』は、見られましたよ。よかった。

 

トイレはどこ~?

 

すったもんだの末、御朱印と『気守り』は頂いて、

お祓いもあきらめて、宿泊施設「興雲閣」へ。

ここ、温泉もあるんです!

ぜったい、いつか泊まりたいわ!!

「興雲閣」1階に、お土産の売店・飲み物自販機・

もちろんトイレ完備。

三峯神社 おおかみ(暗)

参拝後の用事がフル装備なんですね。

トイレは、まあ、普通の「温泉旅館のトイレ」な雰囲気。

洋式ばっちり。トイレ用スリッパにはきかえるシステム。

清潔であることは文句なし。

境内には、他にもトイレ施設あるようですが、

今回は「興雲閣」使用しました。

狸子も、ジュース飲んで落ち着いたことだし、

では帰るとしますか。

真っ暗な中、お参りの行列並ぶのは、

狸子には、もう無理だから。

ではでは、

お次は、三峯神社の楽しい「おまけ」話。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です