お団子と漬物~香取神宮編~

目当ては「お団子」と「やみつき昆布柴漬」?

 

『あづま路は 香取鹿島の 二柱 うごきなき世を なほまもるらし』(伊能 穎則)

もう年末ですね。

猫田家は、今年も色々ありましたが、振り返ってみると、なんとも運に恵まれた一年だったようです。

これもひとえに、神様のおかげでございます。

で、今年最後の参拝は、『香取神宮』へと行って参りました。

狸男は、最近「経津主神」が気になっているらしく、やたら「香取神宮」「香取神宮」と連呼しておりまして。

私はと言えば、「亀甲堂」さんの「厄落とし団子」と「やみつき昆布柴漬」が気になっておりました。

ということで、一年の締めくくりにふさわしく、パワー絶大なる『香取神宮』で、心身を清めて参ることに決定。

『香取神宮』基本情報はこちら「東国三社参り」の最後は~香取神宮編~

 

 

「要石」へ

 

赤鳥居をくぐって、参道を上っていくと、途中左手に、「要石」へ行く道があります。

 

「護国神社」の鳥居のある道を進んで行きます。

今回は、ちゃんとした靴をはいて来たので、楽勝。

 

 

 

 

 

どんどん行きます。

 

 

 

 

 

「護国神社」です。

ほんわか、素朴な雰囲気。

心地良い境内です。

明治以降の、国難に殉じた香取郡出身の御霊を御祭神としています。

 

 

こちらのお社の奥へ進むと、「押手神社」「要石」があります。

「押手神社」はお稲荷様です。

 

「要石」

『鹿島神宮』の「要石」とともに、地震を起こすナマズを抑えていると伝えられています。

不思議ですね。

ステキな御神殿~香取神宮続々編~

(前回の記事↑)

 

次は、「奥宮」へ行きたかったのですが、道がわからなくなって、この日どうしても行かれませんでした。

不思議。(ただの方向音痴でしょ)

 

(続く・・・・・。)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です