[おとりさま]も・・・~大国魂神社最終編~

摂社末社(続き)

 

『大国魂神社』境内巡りの続きです。

大国魂神社 住吉・大鷲神社

「住吉神社・大鷲神社」

「住吉神社」

[御祭神]

表筒男命(うはづつおのみこと)

中筒男命(なかづつおのみこと)

底筒男命(そこづつおのみこと)

御本社は大阪住吉にあり、その御分霊をお祀りしています。「海上守護の神」「除災招福の神」

 

「大鷲神社」

[御祭神]

大鷲大神(おおとりのおおおかみ)

[おとりさま]=「開運の神」「商売繁盛の神」

府中新宿町の「大鷲神社」を明治43年に「住吉神社」に合祀。11月の酉の日には熊手市が立ち、多くの参拝者でにぎわうらしいです。

 

大銀杏

 

大国魂神社 大銀杏

本殿裏に、樹齢およそ1000年と伝えられる銀杏の大木があります。手を合わせると、産後の肥立ちが良くなるといわれています。

どっしりとしていて、新芽のようなものが沢山出ていて、生命力を感じます。

 

 

 

 

トイレ情報

 

大国魂神社 トイレ

さて、トイレ情報です。

参拝者用トイレはこちら。

この石柱、なかなか風情があります。

 

 

大国魂神社 車椅子トイレ

 

普通のトイレですが、洋式あり・車椅子OKです。

安心して利用できます。

有料駐車場にもトイレあるみたいですが、未確認です。

 

 

猫田家おススメ評価

 

『大国魂神社』☆☆☆☆☆(満点)

今回は、2回目の参拝だったんですが、最初に行った時よりも、かなり明るく良い雰囲気を感じました。

結構賑やかな街の真ん中にあるにも関わらず、境内は、しっかりとした「気」に満ちていました。

またお参りに行こうっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です