ありがとうございました!巫女人形!~御礼参り編~

『氷川女體神社』へ御礼参りに行く

 

巫女人形 着物完成

さて、神社検定1級合格通知日から約1ヶ月、巫女人形には着物を着せて、毎日お供えをし、感謝のお祈りを捧げてきました。

そして、やっと御礼参り&巫女人形を納めに『氷川女体神社』へ行くこととなりました。

 

 

 

 

 

1級合格バッジ

 

ちなみに、これ神社検定1級合格バッジ。キラ~ン。

 

 

 

 

 

氷川女體神社

 

鳥居 [所在地]

さいたま市緑区宮本2-17-1

[御祭神]

稲田姫命(いなだひめのみこと)

三穂津姫命(みほつひめのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

※御由緒等は、以前の記事「氷川女体神社編」をご参照くださいませ。

石段

 

 

結構古そうな石段を上ると、今日は拝殿の扉が全開で明るい内部が見えていました。

社務所も開いていましたし。

この神社は、「ほっ!」と、落ち着いた感じがします。

 

拝殿

 

 

 

巫女人形たち

お参りをしてから、巫女人形をお納めしました。

社務所前に、色んな着物を着せてもらった巫女人形たちが、ギッシリと並んでいます。

ちなみに、昨年、私がお納めした巫女人形、見当たりませんでした。

一年毎とかで、お焚き上げとかして下さってるんでしょうか。

 

巫女人形看板

 

この願いごとを叶えてくれる巫女人形は、この神社にしかないそうです。

昨年・今年と、私の願い事(神社検定合格祈願)を叶えて下さいました。

ご利益は絶大だと、信じております。

 

 

『氷川女體神社』ちょっとわかりにくい場所にありますが、こじんまりと静かな良い神社です。

 

もうすぐ10月、過ごしやすい季節になりますね。

猫田家、まだまだ神社巡りのドライブに出かけますよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です